世界

オークションハウスの世界、サザビーズとクリスティーズ

更新日:

ハンマープライス

 

富と美と欲望がうず巻く世界2大オークションハウスに集う人々

厳重なチェック(鑑定)を経て競売にかけられる高額商品

舞台は、ニューヨークです

 

□ サザビーズ(Sotheby's)

 

1744年に、イギリス・ロンドンで創業、世界最古のオークションハウスです

ニューヨークのオフィスは、ManhattanのYork Avenue沿い71丁目と72丁目の間にあります

今や主流となっているインターネットオークションを世界で始めて開催しました

 

サザビーズのオークションハウスは

 

ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ、ジュネーブチューリッヒ、北京、香港、カタールに展開しています

 

 

取り扱う商品は

 

各国の美術品(現代美術、印象派&モダンアート、古典絵画)宝飾品、腕時計、ワイン、楽器、骨董品、書籍、家具、彫刻、 自動車

 

 

□ クリスティーズ(Christie's)

 

1766年にイギリスロンドンで創業、ニューヨークのオフィスはミッドタウンのど真ん中 Rockefeller Center にあります

ちなみに、Rockefeller Centerはニューヨークの中で3番目に高いビルディングです

 

クリスティーズ のオークションハウスは

 

ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、ローマ、ミラノ、ジュネーヴ,アムステルダム、シンガポール、バンコク香港に展開しています

 

 

取り扱う商品は

 

美術品、宝飾品、時計、インテリア住宅販売、楽器、ワイン、芸術品

 

 

□ オークションハウスの魅力

 

世界最高峰のサザビーズとクリスティーズですが、市場の9割がこの2社で開催されています

又、ニューヨークには多くのオークションハウスが存在し世界の富が集まっていると言っても過言ではありません

 

各国の社交界、王族、実業家、セレブがオークションに魅了され日夜、華麗なる攻防が繰り広げられています

その舞台裏は、興味のつきない魅力あふれる競売の世界です

 

オークションハウス(保証人)の手数料は落札価格の30~50%となっています

 

電話、FAX、インターネットでも入札が可能で世界中のオークションハウスの情報や輸入通関手続を扱うサイトまでが存在しています

世界各国にコレクターが存在する限り、オークションハウスは不滅です

又、いかなる理由であっても顧客の情報を、警察に開示する事は一切ありません

信用第一のオークションハウスなのです

 

よく、洋画や海外ドラマなどでは,知的犯罪の舞台となっているオークションハウス

絵画の贋作を作る人、それを見破るエキスパート

ワインの偽者をボトルから作る人、それを、高値で落札してしまう人など・・・

ちなみにワインなどは非常に多くの偽物が出回っているそうです

 

基本、どなてでも出品、落札が可能との事です

-世界

Copyright© 思考と嗜好の世界へようこそ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.