世界

デスゾーン、高山病との戦い、それでも人気のエベレスト

更新日:

エベレスト

 

ヒマラヤ山脈における世界最高峰の山

標高8844m 年間のべ700人程が挑戦します

そんな、エベレスト登頂をざっくりとまとめてみました

 

□ 2つの入山方法

 

エベレストはネパールとチベットの境にあるヒマラヤ山脈に位置しています

 

入山方法は、ネパール経由とチベット経由の2つの方法があり、どちらの経由からもアッタックできます

スタート地点は、どちらも5000mのベースキャンプからです ※ 若干の違いがあります

 

徒歩で数日かかるのがネパール経由

車でいけるのがチベット経由

多くの登山者は、ネパール経由で登頂成功率も高いとの事です

 

□ 登山にかかる費用

【 個人の場合 】

 

ネパール政府への入山料の支払い

渡航費・滞在費、保険料、装備、医療サポート、

ロープ設置など登山ルートの使用料

ガイドやシェルパへの費用

 

【 公募隊の場合 】

 

登山家や登山隊とは違い個人が集まる公募形式の登山隊です

主な手続きをしてくれるエージェント

技術的なサポートしてくれるガイド

荷揚げ、ルート工作をしてくれるシェルパなどが尽力してくれます

※ シェルパ(ネパール東部に住む少数民族)

又、若干のデメリットもあります

参加者の経験の度合いがまちまちで、あらゆるアクシデントなどが想定されます

個人、公募隊、どちらにしても日本からだと諸費用もろもろ合わせると、ざっくりと500万~700万位かかりそうです

 

 

□ トレーニング

 

 

登山のスキルの向上を目的に3000m~6000m程の山々に挑戦します

ルートや天候に関する知識はもちろん基礎的な体力づくりが必要です

低酸素ルームで体を慣らしたり酸素ボンベを使う訓練なども必要です

 

□ 4つのベースキャンプ

 

 

第1キャンプ(標高約6,000m)

第2キャンプ(約6,500m)

第3キャンプ(約7,300m)

第4キャンプ(約8,000m)

 

第1キャンプまでは150kmも歩き、到着後、また下りて登ってを繰り返し身体を慣らします

 

第4キャンプから頂上の8848mまでは超難関のデス・ゾーンと言われ、嘔吐・耳鳴り・難聴・悪寒など人間が生きられない世界とも言われています

又、第4キャンプを夜中に出発し翌日の昼間に到着するのが鉄則です

日没までに戻らければ身体が限界に達すると言われています

 

標高が8000m地点では酸素濃度は地上の約3分の1となるので8500mでは生存率がかなり低下します

標高8000m以上で死者が出た場合は遺体はそのまま放置されます

 

夏でも夜は-37℃となります

 

◎ オススメ映画

エベレスト 3D( Everest 2015 アメリカ )

1996年に実際に起きた実話をベースにした作品です

公募隊に参加する郵便配達員や建設作業員、素人レベルの登山経験しかない人々が集まり果敢にも挑戦するエベレスト登頂

エベレストを舞台に、過酷な大自然の中でのサバイバルアドベンチャーが展開されます

また、撮影技術がすばらしく、圧巻の映像美でした

-世界

Copyright© 思考と嗜好の世界へようこそ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.