世界

世界の終末に備えて!! スヴァールバル世界種子貯蔵庫

更新日:

種子

 

2008年、マイクロソフト社取締役のビル・ゲイツ氏主導で、年間15億ドルの潤沢な資金が提供されている世界最大の種子貯蔵庫

 

ビル・ゲイツ氏は、奥様のメリンダさんと財団を設立しています

ビル&メリンダ・ゲイツ財団 (Bill & Melinda GatesFoundation; B&MGF)

2000年に設立世した界最大の慈善基金団体です

ちなみに、ビル・ゲイツ氏の総資産は921億ドル(10兆円)

この財団に、投資家で資産家のウォーレン・バフェット氏が300億ドル(約3兆3000億円)寄付をした事は話題となりました

 

そんな原題のノアの箱舟と言われている種子貯蔵庫をご紹介します

 

□ スヴァールバル世界種子貯蔵庫

 

ノルウェー領(北極圏)バレンツ海に浮かぶスピッツベルゲン島、スヴァールバル諸島の中心に位置します

 

北極圏から1300km以上離れた永久凍土地帯です

地球上の種子を冷凍保存し地下貯蔵庫は、マイナス18~20°Cに保たれています

 

もしも、冷却装置が故障した場合でも永久凍土層によってマイナス4 °Cを維持できる環境になっていて、貯蔵庫は海抜約130mの岩盤内部約120mの地点に設置されています

 

そこに、設置された岩石の貯蔵庫が、スヴァールバル世界種子貯蔵庫( Svalbard Global Seed Vault )です

世界100カ国以上から農作物の種子が集められていて現在は100万種近い植物の種を保管しています

上豆、小麦、米などの必須食糧作物の数万種類の種子を保有し76000を超える新しい種子サンプルも運ばれています

 

そして、1品種当たり平均500粒を保存し発芽率を維持するため、20年毎に種子を入れ替えます

最大300万種の種子が保存可能で目標は450万種に設定しています

 

今後予想される農作物種の絶滅、気候変動や自然災害、植物の病気の蔓延、核戦争など深刻な危機に備えて貴重な趣旨を守る事を目的にしています

 

□ スヴァールバル条約

 

1920年に締結

北極海にあるノルウェー領スヴァールバル諸島の取り扱いに関する多国間の条約です

 

非武装地域として指定、戦火にさらされることのない独立行政特区となりました

条約の加盟国は40カ国以上です、もちろん日本も入っています

 

□ Arctic World Archive (北極圏の世界アーカイブ)

 

一方、こちらはノルウェーの民間企業Piql(ピクル)が主導するプロジェクトです

 

世界各国の貴重なデータを500年以上保存することができ、地下の保管庫に収められるデータ保存書庫です

 

デジタルデータをアナログメディアに保存し、テキストから画像、動画や音声など、までさまざまなデジタルデータに対応し最新のセキュリティーを施し保管されています

-世界

Copyright© 思考と嗜好の世界へようこそ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.